ICL(有機水晶体眼内レンズ)とは近視や乱視を矯正する目的で正常な水晶体のある目に挿入する眼内レンズです。まぶたの形成手術は、いわゆる「二重まぶた形成手術」と同様のものですが、当院では角膜保護が目的の手術です。目の三大疾病(白内障・緑内障・糖尿病網膜症)を当院では先進の技術と機器を用いて高い水準の治療を行います緑内障は早期発見・早期治療が大事になってきます。点眼薬などの薬物治療、レーザー治療、手術によって、症状の進行を止める必要があります。白内障手術は昔と違い眼科手術の向上、手術器具の開発に伴い、現代では比較的ストレスが少ない日帰り可能な手術となっています。レーザーで近視や乱視矯正をするレーシックを一早く取り入れ、多くの実績を残しています

白内障とは

白内障は眼球の中でレンズの役目をしている水晶体が濁る病気で、眼科疾患の中では最もポピュラ-な病気です。水晶体が混濁し、目の中に光が十分入らなくなります。これが「白内障」です。

h1.png

白内障手術は昔と違い眼科手術の向上、手術器具の開発に伴い、現代では比較的ストレスが少ない日帰り可能な手術(注1)となっています。

(注1)もちろん全ての患者さんが日帰り手術を行うわけではなく、ご高齢の方で通院にご家族の付き添い必要とする方、遠方の患者さんで通院に時間が掛かるような場合には日帰り手術が逆にストレスになる場合もあり、ケースバイケースで対応することにはなります。


白内障の手術治療

白内障の治療は手術によって行います。約3 ㎜の小さな切開から濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し、人工の眼内レンズを挿入し、術後の屈折を調整します。

h2.png

これは元々の水晶体と同じ程度の屈折力を持った人工のレンズを白内障手術の際に同時に眼球内に埋め込む方法です。この方法ですと眼球の中に眼鏡が入ったと同じ状態になりますからある程度は裸眼ではっきり見ることは可能です。しかしこの眼内レンズは万能ではありません。眼内レンズの材質は一種のプラスチックですから眼球の中で水晶体のように厚くなったり薄くなったりは出来ません。その度数の決まったところははっきり見えても、それ以外の部分はピンボケになりますので必ず眼鏡が必要となります。例えば遠くにピントが合う眼内レンズを挿入すれば近くを見るときには眼鏡が必要ですし、近くにピントが合う眼内レンズを挿入すれば遠くを見るときには眼鏡が必要となります。したがってこの眼内レンズは単焦点眼内レンズということになります。


単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズはこの単焦点眼内レンズの欠点を解消する目的で開発された眼内レンズです。つまりレンズの構造を多焦点(遠近両用)にして、理想的には遠くから近くまでほぼ均一に、実質的には遠くと近くとの二重焦点とすることによって遠くも近くも眼鏡を必要せず裸眼で見えるように設計されたレンズです。 白内障手術は視力低下の原因である水晶体の混濁した部分を取り除き、眼球の内部に光を入れる目的の手術です。つまり今まで光の入らなかった目に光を入れる、その結果として眼鏡を装用すればモノが見えるようになるというQuality of Life(QOL)を回復させる手術です。眼内レンズ(単焦点眼内レンズ)は、少なくとも遠くあるいは近くのどちらかは眼鏡がなくても見えるという、一段階進んだQOLを回復させる手術と言えます。これに対し多焦点眼内レンズは理想的には遠くも近くも眼鏡を必要としない日常生活を送ることを目的に開発された新しい技術・工学で、言うなれば、現時点での白内障手術における究極のQOLを追求した革新的な眼科分野と言えるでしょう。

h3.png

(単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズ見え方の違い)

続きを読む>>

siryouseikyu.png

tel.png

〒723-0051 広島県三原市宮浦6-7-39

mapbn.png

ippan_o.png

■診療時間

外来診療時間

9:00~12:30
15:00~18:00
9:00~12:30
15:00~18:00
9:00~12:30 休診
9:00~12:30
15:00~18:00 
9:00~12:30
15:00~18:00 
9:00~12:30
15:00~18:00 
9:00~12:30
15:00~17:00
休診

■メニューと料金表

大見出し:アコーディオン2

メニュー 料金(税込) 
白内障・その他
※保険診療
まぶた形成手術
※保険診療
一般診療
※保険診療

.

ronbunbn.png

ムービーへのボタン

越智眼科の姿勢

docter.gif
越智眼科院長
越智利行

近視手術をお考えの方へ 1

エキシマレーザーによる近視矯正手術についてはこれまで約9000例(2007年12月現在)の手術を手掛けました。最近の事例では目標視力1.2以上への到達率は97~98%に達します。手術精度は、医師が自らの術式(ノモグラム)を確立しているかどうか、さらに最新の優れた装置を導入しているかどうかにも左右されます。

近視手術をお考えの方へ 2

エキシマレーザーによる手術の安全性は非常に高いと言えますが、リスクがゼロではありません。強度の近視、乱視や患者さんの体調によっても誤差を生じることがあります。 また、厚生省(当事)も過去10数年の実績をみて承認しましたが、術後の将来については誰も予想できません。しかし、私は自分が眼科医である限り、術後のケアを責任を持って継続することをお約束します。 私自身も2000年11月にLASIK手術を受けて、現在快適な生活を送っています。

近視手術をお考えの方へ 3

手術のメリット・デメリットを身をもって経験しており、その経験を活かし、ユーザー(患者さん)の立場に立ってアドバイスできると確信しています。 エキシマレーザーによる近視矯正手術の進歩は極めて早く、目標の視力にどこまで到達するかというレベルから、いかにクリアなビジョン(視機能、視生活)を実現するか、という段階に入りつつあります。「近視手術も量から質の時代」になりました。 近視手術は、ユーザーの方のクオリティ・オブ・ライフの向上に貢献する有力な選択肢のひとつとしての位置を確立しつつあるといって過言ではないでしょう。.
sign.png

略歴

.

昭和54年 昭和大学医学部 卒業
昭和54年
昭和大学病院眼科 勤務


昭和55年

高津総合病院 勤務

昭和58年
富士吉田市立病院 勤務


昭和60年 オリンピアクリニック井上眼科 勤務
昭和63年 医療法人 社団 越智眼科 開業